読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

お金の管理がしやすい口座の分け方について

先週は週末出張のため、ブログの更新をサボってしまいました。

 

せめて週一更新するようがんばります。

 

さて、今回は口座の分け方について書きたいと思います。

 

なんのために口座を分けてるかというと、

口座を分けることでお金の把握がしやすくなるからです。

 

口座を分ける目的はあくまでお金の把握をしやすくすることで、

今回私の分け方を紹介しますが、自身に合う分け方が一番ですので、

いろいろトライして自分のベストを見つけるのがいいと思います。

 

一回システムを作ってしまうとその後の管理が楽になりますよ。

 

●口座図

f:id:kochichi:20160326221907j:plain

 

私のメインバンクは住信SBI銀行です。

なぜかというと、口座を5つに分けることができることと、お金を下ろす際の手数料が一定回数かからないこと、振込み手数料が一定数無料のためです。(ここらへんは不親切ですがググってください。)

 

もうひとつ、引き落とし専用口座として三菱東京UFJ銀行を使っています。

こちらの口座はあまり使い勝手がよくないため、新生銀行へ変更予定です。

 

各口座の内容は以下のようになります。

 

貯金口座

月初めに貯金額をこの口座へ移します。先取り貯金です。

でもやっぱりボクは怠惰なもんで割と下ろしてしまうので、4月からは財形貯蓄で貯金していきます。

 

積み立て

歯科検診、美容院、携帯機種代、家電費、コンタクト代、記念日など月々の支払いでないものは積み立てて準備しています。この変動する費目を月々一定額積み立てておくことで、月々の支払いを安定させることができます。

 

年払い口座

NHK、各種保険。これも月々定額積み立てます。

 

ちりつも貯金

これはカードのポイントや、ハピタス(お小遣いサイト)のポイントなどを貯金しています。臨時収入なんかも入れて、貯まったらなにを買おうかとワクワクします。

また僕は基本的にクレカ支払いを徹底していまして、レックスカードを愛用しています。還元率1.5%のため、結構貯まります。なんなら下手な定期預金に入れるより効果はあります。今度この話も書けたらと思います。

 

プール金

これは月で余ったお金をプールします。光熱費とか医療費とか月々固定でないため、

使わなかった分はここに入れておいて、多く使う月はここから補填します。

 

三菱東京UFJ

引き落としのための口座です。カード使用分のお金と奨学金を月初めに入れています。住信SBIから振込みをすれば、手数料も時間もかからず便利です。

引き落とし口座は専用に分けたほうがごちゃごちゃしなくてよいです。

 

以上のように細かく分けてしまえば、メインバンクには使えるお金しか残らないので、とても分かりやすいです。

 

口座を分けることのメリットは

・分かりやすくなる

・月々の変動費を一定の固定支出として保つことができる

です。

 

人それぞれ必要十分が違うと思いますので、とりあえずは家計簿をつけながら、

この費目は専用に口座を作ったほうがわかりやすいわー、といった感じで自分のベストを探してみてはいかがでしょうか。

 

コツはやっぱりそのままシステムを鵜呑みにするんでなく、自分にあった方法だけを取り入れていったほうがうまくいく気がします。

 

以上、参考になれば幸いです。