読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

4月給与と夫婦のお金のやりとりについて

給料日前日のため、給与明細をいただきました。

先月は残業が多かったため給料も多めです。

思っていたよりも多いとうれしいもんですね。

 

4月給与

収入(手取り):271,972円

 

でした。

 

今考えている予算が月々の収入235000円なので、35000円ほど多い計算になります。

増えた分を何に使おうかわくわくしますね。

 

++++++++++++++++

最近よく考えているのが、夫婦のお金のやりとりについてです。

 

ウチは夫会社員、妻専業主婦のシングルインカムで、

妻に生活費を渡し、残りは夫が管理するスタイルです。

 

これのデメリットとしては家族のお金の状況が把握できないことにあります。

基本的には妻が嫌がるパターンが多いのではないでしょうか。

 

妻が専業主婦で収入もないし、働ける環境ではないから、できるだけ収支を透明化して、あたえるべきお金はあげようとか、自分が使った分は妻にも渡そうと考えていました。

 

しかしです。それって本当にいいんかって最近思うようになりました。

 

僕は就職前に結婚したので、社会人になって給料を自分のためだけにつかったことはありません。もちろんボーナスも。

 

心の中ではどこか不満に思っているところがありました。

 

そして最近職場が変わりまして、女の人が多い職場になり、

妻もお金が欲しいのなら働けばいいやんと思えるようになりました。

 

今の世の中普通に女の人は働いています。

 

妻は結局働かないことを選んでいるのです。

働こうと思えば、僕は週末休みなので週末だけでもパートに出れるし、

最近はインターネットでできる仕事もあります。

 

妻が働けないからお金を工面しようという考えは間違っていると思いました。

 

今後は必要最低限のお金を渡し、残りは自分の好きなように使うことにしました。好きなようにといっても自分のためだけに使うわけではありませんけど。

 

そう思うと、ブレイクスルーした感じがあります。

 

家計管理はどっちかでいいし、お互い秘密の部分でもいいかもしれませんが、

夫婦間で価値観については共有し、今後どんな生活をしたいかのビジョンは明確にすべきだとは思います。

 

すべてがすべて、家計を共有したほうがうまくいくわけではないのではと最近思います。

 

結局は夫婦の価値観にあったお金の使い方ができているかなので、

そこに透明性はあまり関係ないように思っています。